火災保険を使ってリフォームをする際の注意点は?失敗しないやり方を解説

このコラムでは、火災保険を使ってリフォームをする際に注意することを解説していきます。

 

火災保険を使ってリフォームしたいと考える場合、リフォーム会社に全て任せれば楽できると思われるかもしれません。

 

ただ、楽できる分デメリットも存在しますので、その辺りを知った上でご検討いただければ良いかと思います。

 

この記事でわかること
・火災保険を使ってリフォームをする時の注意点
・リフォームの失敗を防ぐ方法

 

火災保険申請をリフォーム会社に依頼する際の注意点

火災保険を使ってリフォームをする際、気をつけなければならない点が多数あります。

 

なにも考えないで依頼をしてしまうと、大きな失敗につながる可能性がありますので、前提の知識として下記のことを知っておいてください。

 

業者の変更ができなくなる

火災保険の申請をリフォーム会社にお願いして、工事まで一貫して行う場合の問題点です。

 

リフォームの方針を決定し、必要な見積書を作成、火災保険の申請を行います。

 

リフォーム は高額なだけでなく、デザインや工事の内容、工事の期間など様々なことを決めなければなりません。

 

そこで、担当者とは何度も確認や打ち合わせすることになりますが、ここで担当者の対応があまり誠実でなかったり、相性が悪かったりする場合も当然ながらあります。

 

まだ検討段階でほとんど進捗をしていなければ問題ありませんが、火災保険の申請をしてしまった後に業者を変更したいとなった場合、簡単に変更をすることは難しくなる可能性があります。

 

場合によっては、違約金を請求されるケースもあるかもしれません。

 

そうなると、我慢をして工事をしなければならなくなってしまいます。

 

保険金をすべてリフォームに使わなければならない

火災保険の申請のサポートをリフォーム会社にお願いしている場合、原則として認定された保険金はすべて工事に使うことになる可能性が高いです。

 

火災保険で認定された保険金の使い道は原則自由とされています。

 

工事の内容次第では、お金を余らせることもできる可能性もあるので、そういった選択肢を最初から無くしてしまうのはもったいないかもしれません。

 

火災保険に詳しいか分からない

リフォーム会社は工事の受注をしたいので、火災保険の申請にも協力してくれる業者が多いです。

 

ですが、リフォーム会社はあくまで建築のプロであって、保険について詳しいかは別問題となります。

 

火災保険の認定には、保険会社からの現地確認なども含まれますので、現地での対応が正確でないと保険が認定されなかったり大幅な減額をされることは大いにあります。

 

リフォーム会社が火災保険に詳しくないと、想定していた金額が認定されず工事に捻出する費用が不測してしまう可能性があります。

 

保険金が不足した場合は自費で支払う

上記のように保険金が不足してしまった場合、工事に必要なお金を自費で支払わなければならなくなります。

 

元々、お金を払ってリフォームをする予定の中、「一部でも火災保険が使えればいいや」くらいの気持ちでお願いしているなら良いですが、全額または大部分を火災保険で賄うつもりだった場合、予定が大きく狂ってしまいます。

 

費用が足りないから、工事をキャンセルするとなると、既に火災保険が認定されて保険金を受け取っている場合は、多額の違約金を請求される可能性があります。

 

失敗を防ぐ方法

ここまでリフォーム会社に全てをお願いしてしまう場合の注意点を解説してきました。

 

すべてをリフォーム会社にお願いしてしまうことは、面倒な処理をすべて一社で済ませることができるので、楽ができるのがメリットである反面、担当者との相性や保険金の認定具合など想定できないデメリットが存在します。

 

ここからは、こういった失敗をしない為にはどう対処するのが良いかをご説明します。

 

火災保険申請とリフォームは別に考える

最も失敗する確率が減るのは、「火災保険の申請」と「リフォーム」を別に考えることです。

 

すべてを一社に託してしまうことにより、相手の業者にすべての選択肢を握られてしまいますが、それぞれを分けておけばそれだけ失敗のリスクも減らすことができます。

 

まず、最初に火災保険の申請を、火災保険申請の専門サポート業者にお願いすることです。

 

火災保険の申請を専門としていますので、建物や火災保険両方に詳しい業者が多いのが特徴です。

 

認定された保険金の一部を報酬として支払う必要はありますが、予算を確保してからリフォーム工事の検討をすることができるのが特徴です。

 

認定された保険金に応じてリフォームを考える

予め予算が決まっている状態になりますので、後から予算不足になることもありませんので、余計なストレスを抱える心配もありません。

 

「◯◯円くらいで、リフォームしたい」

と最初から具体的な金額提示ができると、リフォーム会社もその予算の中で最適な提案をすることができますので、打ち合わせもスムーズに進む可能性が高くなります。

 

暮らしの家に関わることだから楽することは考えない

「火災保険の申請」と「リフォーム会社」を分けるというのは、正直手間がかかります。

しかし、一生住む予定の自宅に、高額な工事をする訳なので、後から失敗したと思わないように、様々なリスクを考慮しながら進めていく方が最終的に良い結果を生む可能性が高くなります。

 

火災保険で受け取った保険金は使い道が自由とされています。

 

仮に200万円保険金が下りたとして、工事にかかった費用が150万円であれば、残った50万円の使い道は自由なのです。

 

保険金の使い道については、下記の記事をご参照ください。

火災保険の保険金の使い道は自由!?修理しなくても問題ないのか

 

リフォーム会社に火災保険申請のサポートをお願いした場合、「リフォーム費用=保険金」以下にはならないので、手出しが必要になることはあっても、お金が残ることはほとんどありません。

 

まとめ

このコラムでは、火災保険を使って自宅のリフォームを検討する場合に気をつけなければならない注意点を解説してきました。

 

一社にすべてを託すというのは、考えが変わったりトラブルが起こった時に引き返すことは難しくなる可能性が高くなります。

 

手間も時間もかかることは重々承知していますが、「火災保険の申請」「自宅のリフォーム」は二段階に分けて別々に進めていく方が、最終的に失敗する心配を軽減することができるのではないかと思います。

 

 

弊社は、火災保険の申請サポートを専門に扱っております。

無料で相談、調査を行っておりますので、ご興味がございましたら下記のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

全国で無料調査を行っております

軽微な被害も保険適応となるケースは多く、
約90%の方が保険料の払い損になっています。

まずはお気軽にご相談ください。