Webで相談予約・お問い合わせ24時間OK

火災保険の特徴

火災保険の4つの特徴!

Feature
1

「火災以外」にも、様々な自然災害に対応!

多くの方のイメージが、火災保険=火災▲
実は、火災だけでなく、
あらゆる自然災害や、被害から守ってくれる保険なのです。

水害
風害
雪害
雷害
ひょう害
盗難
落下・衝突
家財
2

保険加入者の多くが、被害を受けている実感がない!

「大きな被害がないのに申請できるの?」
そう思うのも無理はないのですが、 申請の際に、被害の大小は問題ではありません。
「災害が原因となった被害なのか」ここが重要なのです。

自然災害の発生状況
日本は世界有数の災害大国です。
2011~2018年で、年平均、約26回の台風が発生

日本の降水量は世界平均の約2倍
2006~2015年で、全国の市町村の97%で水害が発生
(一度も水害が起きていない市町村は3%のみ)

国土の1/2が豪雪地帯に指定されている

このように、 全国的に相当数の自然災害が起こっているのです。
全世帯の約70%の建物に、被害箇所があると、言われているのもうなずけます。
にも関わらず、
「被害を受けている実感がない」
大多数の方が、このような認識が現状なのです。

3

過去に受けた被害も、さかのぼって申請可能

火災保険の請求権(時効)は原則3年です。

保険申請をしたことがない方は、
本来もらえるはずの保険を、受け取り漏れしている可能性があります。
隠れた雨漏りなどを放置していると、
「経年劣化」とみなされ、保証対象外となるケースも多いのです。

「一度使ってしまうと、二度ともらえないのでは?」

そのようなことはありません。
火災保険は、被災するたびに何度でも申請可能です。

自動車保険と違い等級もないため、
何回使ったとしても、保険料は上がりません。

むしろ、3年で時効がきてしまうため、
被害箇所があるのであれば、使わない手はありません。

4

保険金の使いみちは自由!

受け取られた保険金の使い方は原則自由です。
使いみちは、お客様ご自身の判断に委ねられます。
保険の約款・法律上も特に問題ございません。

例)
・全額、修繕やリフォームに充てる
・一部だけ修繕やリフォームに充てる
・被害箇所以外のリフォーム資金に充てる(キッチン、お風呂など)
・使わずに全額残しておく

税金面も個人様の場合は、
一部の例外を除き非課税となります。

確定申告などの不要な手間もありません。

※あくまで、火災保険の特徴を記載したものです。
保険金の使い方で、特定の方法を推奨している訳ではありません。

実際の給付事例

Case

雨樋の被害

変形・割れ・破損etc

軒天(のきてん)の被害

シミ・剥がれ・割れ・破損etc

雨漏りの被害

シミ・カビ・腐食・シロアリ・サビ・漏電tec

屋根全般の被害

ズレ・浮き・蛇行・割れ・落下・剥がれ・欠け・釘の抜け・飛散etc >

給排水管の被害

詰まり・破裂・凍結etc

土砂による被害

浸水被害

その他の被害

カーポート・ベランダ・門・塀・物置・倉庫etc

多くの場合、これら全ての箇所が、
自己負担0円で綺麗に修繕できております。
その他にも、
建物の様々な箇所が保険の対象となります。

ご自身では被害がないと感じていても、
100万円を超える保険金が下りることも珍しくありません。

築15年以上の建物の約90%は、
プロが調査することで、何らかの被害が見つかっております。

築年数と給付金額の目安
 木造 戸建て
  • ●築15年以上

平均的な給付金額

約208万円
 木造 アパート
  • ●築15年以上

平均的な給付金額

約358万円
 RC マンション
  • ●築15年以上

平均的な給付金額

約262万円

隠れ雨漏り・屋根の被害などは、
素人の方が見つけるのは非常に困難です。

そのまま放置すると、強度低下に繋がるため、
建物が大きなダメージを受ける前に対策が必要です。