火災保険の申請は難しい?簡単にできる方法を解説します

個人で火災保険の申請をするのは難しいのか?

 

それともがんばればなんとかできるのか?

 

火災保険の申請を検討されているなら、どうやって火災保険を申請するか、このコラムを参考にしていただければ幸いです。

 

この記事でわかること
・火災保険の申請は難しいのか?
・火災保険の申請を簡単にする方法

 

火災保険の申請は難しい?

個人で火災保険の申請をするのは、正直言ってかなり難しいです。

 

まず、ご自身の加入されている火災保険の補償内容について説明ができるでしょうか?

 

おそらく、多くの火災保険加入者はご自身の加入している火災保険の内容を的確に答えることはできないと思います。

 

保険会社も営利企業である以上、不必要な支払いは避けたいですし、損害が明確でない申請に対しては支払いをしてくれません。

 

そんな状況の中で、プロを相手に十分な保険金を認定してもらうことはほぼ不可能になります。

火災保険申請から保険金を受取るまでに必要なこと

ここまでの内容ですでに絶望感を感じているかもしれませんが、立ち止まっていては前に進めませんので、火災保険の申請から保険金を受取るまでに必要なことを解説していきます。

 

ここでは大まかな流れを理解してもらえれば結構ですので、難しく考えないで大丈夫です。

 

最初に保険証券を用意して保険会社に連絡する

まず、最初に保険証券を準備するようにしてください。

 

次に、保険会社に電話をして、火災保険の申請をしたい旨を連絡をしてください。

 

電話で連絡をすると、火災保険申請に必要な申請書の一式を送付してもらえます。

 

火災保険の申請は加入者本人がする必要があり、他の第三者に代理で申請をお願いすることはできません。

 

提出書類の準備

火災保険の申請で一番難しいのは、申請に必要な書類を揃えることです。

 

保険会社から申請書類一式は送ってもらえますが、これを返送するだけでは火災保険の申請はできません。

 

申請書以外に、下記の書類が必要になります。

・修理の見積書

・事故内容報告書

・自然災害であることを証明する写真

 

これらの書類についてもう少し詳しく解説します。

 

修理の見積書

壊れた場所の修理が必要になりますので、修理にかかる工事費用の見積書も必要になります。

 

工事の見積書となると、部材の単価、数量、工事に必要な人件費など、工事業者が作成する部分になります。

 

火災保険の申請に使う見積書は、保険会社の審査資料として使われますので、通常の工事見積りよりも詳細に記載されていなければなりません。

 

保険会社も、損害に対しての修理費用の相場は把握していますので、いい加減な見積書を提出してしまうと、適正な評価をしてくれなくなります。

 

見積書の作成だけでも、火災保険申請の経験のある業者でないと不利になる可能性があります。

 

事故内容の報告書

火災保険は、自然災害による損害を補償してくれる保険ですので、保険金を受取るには自然災害で損害を受けていることを証明しなければなりません。

 

どこの部位が、どんな原因で壊れたのかをまとめた報告書の提出が必要になります。

 

台風や大雪で壊れたと感じていても、元々の原因は経年劣化が原因かもしれません。

 

当然、経年劣化は自然災害による損害ではありませんので、経年劣化で壊れたものは補償の対象外になります。

 

このように、壊れた原因の特定が素人では判別ができないので、個人で用意することはほぼ不可能に近いです。

 

損害箇所の写真

上記の報告書と重複する部分もありますが、損害箇所の写真も必要になります。

 

目に見える部分であれば、個人でも撮影は可能です。

 

しかし、屋根の上は落下して怪我をする恐れがありますので、慣れていない人が乗るべきではありません。

 

雨漏りをしている場合は、屋根裏も確認しなければなりませんので、屋根裏をすべて点検して写真を撮るのはなかなか難易度が高いものと思います。

 

保険会社の審査

無事、書類を揃えられてから火災保険の申請ができます。

 

申請後は、保険会社の審査があります。

 

当然、書類通りに簡単に保険金を支払ってはくれません。

 

書類審査後、保険会社から依頼された鑑定人が、実際の建物を確認しにきます。

(大きな災害直後で、書類で十分証明できた場合は省略されることもあります。)

 

鑑定人の判定で、概ねの保険金の金額が確定しますが、個人ですべて対応してしまうと対抗する手段がないので、保険会社が決定した認定額をそのまま受け入れなければなりません。

 

結論

いろいろ解説してきましたが、ご自身の加入している保険内容の理解、書類の準備、保険会社への対応など、どの面を見ても火災保険の申請を個人で対応することは難易度がとても高いです。

火災保険申請を簡単にする方法

火災保険の申請がどれだけ難しいかは、ここまでの説明でなんとなくご理解いただけたと思いますが、こんな面倒なものでも、簡単に利用する方法があります。

 

それは、火災保険申請サポートを利用することです。

 

火災保険申請サポートの役割

火災保険申請サポートと聞くと、サービス認知度がまだまだ低い業種ですのでよくわからないと思います。

 

火災保険申請サポートの役割は、個人で対応が難しいことを、火災保険のプロがあなたに代わって行ってくれる代行業みたいなものと理解していただければ結構です。

 

火災保険の申請自体は、冒頭で解説している通り加入者本人が行う必要があります。

 

ただ、申請をしていく中であなたができない部分が多くあったと思います。

 

個人で対応が難しい部分をお手伝いするのが火災保険申請サポートの役割になります。

 

具体的にサポートしてくれる内容

具体的にサポートしてもらえる内容は下記のようになっています。

 

申請に必要な書類の準備

個人で用意のできない火災保険申請に必要な書類を一式作成してくれます。

(修理の見積書、事故内容報告書、写真撮影など)

 

実際の建物を見ないと、詳しい損害状況がわかりませんので、専門家があなたの家の損害箇所を隅々までチェックしてくれます。

 

その中で、自然災害で壊れているもの、経年劣化で壊れているものを判別し、火災保険が適用可能な場所を見極めて資料を作成します。

 

審査の対応

火災保険の申請後に、審査が行われることは上記で解説した通りですが、保険金額の認定時に、大幅な減額をされたり、否認されることがあります。

 

火災保険申請のサポートを受けていると、この時に保険会社に損害の状況と修理の必要性を詳しく解説してもらえるので、認定金額が変わる可能性があります。

 

実際に、保険会社に詳細な説明を行うことでほぼ満額の認定をいただけた事例の一部をご紹介します。

【207万円給付】 埼玉県 築40年 戸建て

【571万円給付】千葉県  築29年 戸建て

勘違いをしていただきたくないのは、決して保険金の認定額を上げるような交渉は行っていないという点です。

 

保険金を上げるような交渉は法律違反となりますので、そういったことをしない誠実な業者に依頼をすることが大切です。

まとめ

このコラムでは、火災保険の申請を個人で行うことの難しさを解説してきました。

 

火災保険は、とても複雑なルールになっていて、書類の準備から、保険会社への対応など、火災保険に詳しくないと保険金の認定までたどり着くことが大変です。

 

ですが、そういった面倒な部分は火災保険申請サポートを使うことで、あなたが出来ない部分をすべてカバーすることができます。

 

火災保険の申請で悩まれているなら、火災保険申請サポート業者へ相談してみるとスムーズに進むと思います。

 

弊社も火災保険の申請サポートを専門としております。

・平均給付額100万円(業界最高水準)

・年間調査件数5,000件以上(業界最高水準)

・保険認定率90%以上(業界最高水準)

・相談、調査無料、完全成果報酬

・弁護士事務所と業務協力をして法令に則った業務を行っている

・弊社にほぼ丸投げで保険金を受け取れる

火災保険の申請をご検討されているなら下記のフォームよりご相談ください。

全国で無料調査を行っております

軽微な被害も保険適応となるケースは多く、
約90%の方が保険料の払い損になっています。

まずはお気軽にご相談ください。