(事例写真付き)火災保険で破損汚損の請求例!災害がなくても使えます

このコラムでは、火災保険に付帯されている「破損汚損」の適用事例について解説していきます。

 

この「破損汚損」は破損や汚損について補償を受けることができますが、この文面だけを見ても、一体どんな補償を受けられるのかわかりにくいと思います。

 

しかし、破損汚損は自然災害だけでなく、偶然壊してしまったり、いたずらなどで壊されたものなども補償される、非常に活用機会の多い特約になりますので、内容を理解しておくととても便利です。

 

事例を写真付きで解説していきますので、続きをご一読ください。

この記事でわかること
・破損、汚損の補償内容
・具体的な補償事例
・不測かつ突発的な事故での火災保険の申請方法

 

破損・汚損などの補償内容

保険会社によって、呼び方が変わりますが「破損・汚損」または「不測かつ突発的な事故」という名称が付いていることが一般的です。

 

保険証券には下記の様に記載がされています。

※保険会社によっては呼び名が異なります。

 

不測かつ突発的な事故という名前の通り、うっかり起こしてしまった偶然な事故によって建物や家財を傷つけてしまったり壊してしまった場合に補償を受けることができます。

 

破損、汚損の事例

火災保険の契約は、「建物」と「家財」に分けて契約してますので、契約内容によって補償を受けられる範囲が変わります。

 

建物

  • 子供が物を投げて窓ガラスが割れてしまった
  • 家具の配置換えをしている時に、壁に穴をあけてしまった
  • 自転車をぶつけて外壁に傷が入った
  • 外壁に落書きをされた

など

 

家財

  • 掃除をしている時にパソコンを落として壊してしまった
  • ペットがテレビを落として壊してしまった
  • よろけて食器棚にぶつかり高級なお皿やグラスを割ってしまった
  • つまずいた拍子にカーテンを掴んで破いてしまった

など

 

これらは一部の例でしかありませんが、「建物」「家財」のあらゆる偶然な事故による損害で適用することができます。

 

具体的事例の写真(建物)

玄関手前のタイルの破損したものになります。

なにかを硬い物をぶつけたことによる破損ではないかと思われます。

 

柵扉の一部が折れています。

また写真からは判別がつきにくいですが、全体的に歪みが出ており扉が正常に動作しなくなっています。

いたずらなどで壊されたのではないかと考えられます。

 

外壁に擦り傷、水切りに凹みが発生しています。

隣が駐車場になっており、車の衝突による破損と考えられます。

 

外壁のタイルが破損してしまってします。

なにか硬いものをぶつけて破損してしまったと考えられます。

 

窓ガラスに線状の割れが見られます。

物をぶつけた衝撃によるものと考えられます。

 

具体的事例の写真(敷地内)

フェンスを支えているブロック塀が破損しています。

上部のフェンスにも曲がりが生じていた為、フェンスに衝撃が加わった際に基礎部分まで破損したと考えられます。

 

フェンス全体の歪み、柱折れをしています。

全体的な損傷が激しい為、車がぶつけられた衝撃で壊されていると考えられます。

 

サイクルポートの波板に穴が空いてしまっています。

損傷部位の高さから、自転車をぶつけたものと考えられます。

 

具体的事例の写真(家財)

転倒させた、子供がおもちゃをぶつけたなどで、液晶が割れたり故障した場合には、補償の対象になります。

 

ノートパソコンも、誤って落下させてしまった場合など、補償を受けることができます。

 

最近では、自動掃除機の申請も増えています。

事例としては、設置場所を変更する際に、落下させてしまったなどのケースがあります。

同時に床のフローリングを傷にしてしまったという症状を併用して申請することもあります。

 

高級な食器やグラスを、誤って割ってしまったという場合にも、補償を受けることができます。

 

破損、汚損の補償を受けられないケース

上記の事例を見ていただく限り、かなり万能な特約ということがご理解いただけたかと思います。

 

しかし、対象外となるものもありますので注意が必要です。

 

破損、汚損の対象と認められない事例についてここでは解説していきます。

 

経年劣化が原因の場合

経年劣化が原因による損害では補償を受けることはできません。

 

破損汚損に限らず、火災保険はすべての補償で経年劣化による損害での補償を受けることはできません。

 

故意に壊した場合

当然のことではありますが、わざと壊したものに対しては補償の対象外となります。

投げたら壊れることがわかっていたり、引きずったら傷がつくことをわかってて損傷した場合は、補償の対象外となります。

 

機能的に問題がない場合

・外壁などにちょっとした擦り傷がついた

・フローリングがちょこっとだけ凹んだ

みたいな、修理をしなくても機能的に問題のないものは補償の対象外となります。

 

自宅外で壊した場合

火災保険は、自宅の建物・家財に対して補償をかけていますので、自宅の外で壊してしまった物に対しての補償は受け取ることができません。

 

例えば、上記の事例でノートパソコンを落下させてしまった事例を紹介しています。

 

自宅で落下させて壊してしまった場合は対象ですが、カフェなどで落として壊してしまった場合は補償の対象外となります。

 

免責金以下の場合

破損汚損は、1箇所申請するごとに免責金がかかる契約になっていることが多いです。

 

なので、補償される金額が免責金以下になる場合は、補償を受けることができません。

 

スマホは対象外

スマートフォンは、壊れる件数が多い為、自宅で不意に壊してしまったとしても補償の対象外となります。

 

似た様な事例で、メガネも壊しやすいので対象外となります。

 

タブレットは、ノートパソコンと同様の扱いになることが多いです。

 

火災保険の申請方法

単純に壊れたからと言って、火災保険は保険会社に電話一本で保険金を支払ってくれる訳ではありません。

 

損害を証明する書類や修理に必要な見積書など、申請まで必要な書類の準備もしなければなりません。

 

そんな火災保険の申請を簡単にできる方法がありますので、ご興味がございましたら下記の記事をご一読ください。

【簡単!】火災保険の申請方法と給付金がもらえるまでの流れを解説

 

まとめ

このコラムでは破損・汚損(不測かつ突発的な事故)について解説してきました。

 

火災保険の契約内容にもよりますが、「建物」「家財」の様々の箇所で広く補償してくれる便利な特約です。

 

火災保険は、基本的に災害がなければ使うことができませんが、この破損・汚損(不測かつ突発的な事故)は、不注意で壊してしまった、いたずらされた等で補償を受けることができます。

 

災害が発生していなくても申請をすることができることを、知識として持っておくことで、今後物かが壊れた際などに活用できるかもしれません。

 

 

弊社は、火災保険の申請サポートを専門としています。

無料で相談、調査を行っております。

火災保険の申請をご検討されておりましたら、下記のフォームよりお気軽にご相談ください。

全国で無料調査を行っております

軽微な被害も保険適応となるケースは多く、
約90%の方が保険料の払い損になっています。

まずはお気軽にご相談ください。