火災保険申請は自分で出来る?忙しい方にオススメな方法とは

火災保険の申請を検討している時、

 

「自分一人で完結できるのだろうか?」

 

という悩みがあるかと思います。

 

このコラムでは、火災保険の申請を一人でやる場合どれだけ難しいのかと、どうすれば簡単になるのかを解説していきます。

 

この記事でわかること
・火災保険の申請は自分だけでできるのか?
・忙しい人におすすめしたい火災保険の申請方法

 

火災保険申請は自分でできる?

火災保険の申請を自分一人でできるかと言うと、ほとんどの方は難しいと思います

 

その理由を解説していきます。

 

申請は保険契約者がしなければならない

火災保険の申請を一人ではできないと言いましたが、申請自体は契約者本人が行う必要があります。

 

これは家族であっても代理で申請することはできません

 

個人で完結させるのが難しい部分

火災保険の申請は、「本人がしなければならないが」、「一人で完結させるのは難しい」とは、少し内容が矛盾するかと思います。

 

個人で対応できない部分を下記で説明します。

 

申請書類の用意

火災保険の申請には、申請書以外に各種書類が必要になります。

 

具体的に、下記の書類になります。

・修理の見積書

・事故内容報告書

・自然災害であることを証明する写真

 

火災保険は、火災をはじめ自然災害で損害を受けた時に補償をしてくれる保険です。

 

その為、損害が災害によって受けていることを保険会社に証明する必要があります。

 

家というのは、築年数が経つと経年劣化によって壊れることもあります。

 

そうなると、自然災害で壊れたのか、台風などの自然災害で損害を受けているのか、判別が非常に難しくなります。

 

こっちは経年劣化で壊れているが、そっちは台風で壊れている。

 

破損箇所ひとつずつそういった証明をする必要があるのです。

 

また、保険金の認定金額を決める材料は、損害を修理する為に必要な費用ですので、修理に必要な正確な見積書が必要になります。

 

これらの書類を個人で用意するには、ご自身が家の修理業者でもない限り不可能です。

 

保険会社の審査への対応

もうひとつ難しい項目があります。

 

それは保険会社の審査への対応です。

 

保険会社は、申請された内容を厳格に審査しますので、「申請されたから、はいどうぞ!」というように簡単に保険金を支払ってくれる訳ではありません。

 

当然、保険会社もなるべく支払額を下げたいと考えますので、「ここは災害ではなく経年劣化だ」と言われてしまうと、素人にはなかなか適切に対処することができません。

 

保険会社の主張をひっくり返すには、ご自身の契約されている火災保険の契約内容を正確に理解して、建物の構造にも詳しくなければなりません。

忙しい方におすすめの方法

ここまで解説してきたように、火災保険の申請をして保険金を受け取るまでには、かなり専門性の知識が必要になることがわかるかと思います。

 

「保険金を受け取れないのは困るけど、忙しくてそんな大変な対応はとてもできない。」

 

多くの方はそう感じるはずです。

 

それを解決する方法をここからは解説していきます。

 

専門業者に丸投げする

火災保険の申請には、申請から保険金の受け取りまでをサポートしてくれる業者が存在します。

 

基本的に面倒な部分はすべてサポートしてもらえますので、申請書を保険会社に郵送すること以外に、あなたのやることはほとんどありません。

 

火災保険申請のサポートは、書類の作成から、保険会社への対応など、素人では対処できない部分を全面的にサポートしてくれます。

 

保険金の認定額が減額されれば、申請内容を詳しく保険会社に説明をしてくれますので、認定額が上がる可能性があります。

 

実際に、弊社が保険会社に状況を説明することによって高額認定になった事例をご紹介します。

【322万円給付】千葉県  築45年 戸建て

【527万円給付】 東京都 築15年 戸建て

こういった高額な認定を受ける為に、虚偽の申告をしたり、保険会社へ価格交渉などは一切行っておりません。

 

もし、そういったことをほのめかす業者がいたら、これらの行為は法律違反になりますので絶対に契約をしてはなりません。

 

専門業者の選び方

火災保険申請のサポートは、多くの会社が存在しています。

 

そういった数多くある中で、どういう会社を選ぶのが良いか、選び方を解説します。

 

会社の存在がしっかりしている

まず、一番最初に確認したいのは、会社の存在がちゃんとしているかです。

 

当たり前のようなことかもしれませんが、火災保険申請サポートという業種は世間一般の認知度がまだまだ低い業種ですので、会社としての存在が怪しい会社も多く存在しています。

 

具体的には、ホームページの有無所在地などは最低確認しておくべきです。

 

火災保険申請の実績がある

これも当たり前のことに見えるかもしれませんが、会社としての存在が怪しい企業が多いと言うことは、火災保険の申請実績が無い会社も当然存在しています。

 

申請実績が無いということは、書類の作成から保険会社への対応に対してのノウハウが一切ないということになります。

 

会社としての実績は、ホームページを確認すれば必ずわかりやすいところに掲載されていますので、実績も必ず確認するようにしてください。

 

契約に関する説明がしっかりしている

これも当たり前のことですが、契約に関する説明がしっかりされなかったり、契約書が無いという業者も存在します。

 

保険が認定されなかった時の費用、キャンセルした時の違約金や、サポート会社への報酬、工事が付帯されているならどのタイミングで工事が着工され、支払いはいつなのか。

 

トラブルになりやすのは、こういったお金の支払いに関することをしっかり説明せずに、契約書もなくうやむやに作業を進めることによって、後日トラブルになることがほとんどです。

 

事前説明の段階で、怪しいと感じた会社ははっきりと断らないと思いもよらぬトラブルが発生しますので注意が必要です。

まとめ

このコラムでは、「火災保険の申請は自分一人でできるのか?」について解説してきました。

 

火災保険の申請には、書類の作成や保険会社への対応が必要になる為、一個人ですべてを対応することは非常に難しいです。

 

そんな悩みを解決する為に、火災保険の申請をサポートしてくれる業者が存在しています。

 

素人では対応できない部分を請け負ってくれ、ほぼお任せで保険金を受け取るところまでサポートしてくれますので、火災保険の申請には必須と言っていい存在ではないかと思います。

 

しかし、火災保険を使ったトラブルというのは多く、不誠実な対応をする業者が多いのも事実ですので、サポート業者の選定には十分な注意が必要になります。

 

このコラムで解説しているような点に注意していただき、良いサポート会社に巡り合えますと幸いです。

 

最後に、弊社も火災保険の申請サポートを専門としております。

・平均給付額100万円(業界最高水準)

・年間調査件数5,000件以上(業界最高水準)

・保険認定率90%以上(業界最高水準)

・相談、調査無料、完全成果報酬

・弁護士事務所と業務協力をして法令に則った業務を行っている

・弊社にほぼ丸投げで保険金を受け取れる

 

弊社に相談してみたい場合は、下記のフォームよりお気軽にご相談ください。

全国で無料調査を行っております

軽微な被害も保険適応となるケースは多く、
約90%の方が保険料の払い損になっています。

まずはお気軽にご相談ください。