火災保険の申請代行って違法なの?トラブルにならずに申請する方法を解説

このコラムでは、火災保険の「申請代行サービス」は、違法行為に当たるのか?ということについて解説していきます。

結論からお伝えすると、「火災保険申請サポート」は全く問題ありませんが、「申請代行」になると問題があります。

両者には具体的にどういう違いがあるのか、そういったサービスを利用する上で、トラブルや法律違反にならずに火災保険が使える方法を解説していきます。

 

この記事でわかること
・火災保険申請サポートと申請代行の違い
・トラブルを回避して、適切に火災保険を使う方法

 

火災保険の「申請代行」は違法なのか?

保険金の代理請求ができるのは、弁護士と行政書士のみで、原則「契約者本人」が行う必要があります。

そのため、業者が申請を代行することは非弁行為(違法)に当たります。

その場合、契約者側も保険金が支払われなかったり、最悪の場合は保険契約を解除される可能性もあります。

「火災保険申請サポート」は違法ではない

「申請サポート」であれば、火災保険の申請自体は、契約者本人が行うため全く問題ありません。

 

火災保険の申請は、物件調査から事故原因の特定などが必要となり、個人で行うのは非常に難しいと言えます。

火災保険申請サポートは、そのような専門知識が必要な部分をサポートするサービスです。

 

一定の手数料を支払う必要がありますが、法律違反にも契約違反にも当たらず、適切に火災保険を使うことができます。

「申請サポート」と「申請代行」の違い

「申請サポート」「申請代行」それぞれの違いを表にまとめましたのでご確認ください。

火災保険申請サポート 火災保険申請代行
物件調査や資料作成など一部をサポート
(申請を行うのは契約者本人)
書類の取り寄せや記入など申請そのものを代行
違法性なし 違法行為

違法になる火災保険の申請について

実際に火災保険を使う際に、違法になる事例をご説明していきます。

虚偽の申告をする

基本的に違法になるケースは、保険会社へ「虚偽の申告」をした場合です。

例えば、

  • 自分でわざと壊す
  • 破損してないのに破損したことにする

このような行為は、詐欺罪に当たるため絶対にやってはいけません

もし、業者から口裏合わせを勧めてくるようなことがあれば、ハッキリと断るようにしましょう。

火災保険の水増し請求は罪になるのか?

次に、見積もり金額を、必要以上に高くして請求することについてです。

こちらは、いきなり罪になるとは考えにくいですが、そもそも意味がありません

保険会社も見積もり金額の妥当性を、審査したうえで金額を決定しているため、根拠なく高額な見積もりは認められません

 

業者と保険会社とで想定される工事内容に違いがあれば、「結果的に減額されてしまった」ということもあるため、請求金額と認定金額に乖離があったというのは特に問題ありません

トラブルにならずに火災保険を使うには

火災保険を巡るトラブルは、年々増加しているのは事実です。

トラブルに巻き込まれず火災保険を活用する方法を解説していきます。

「火災保険の申請」と「家の修理」は別で考える

トラブル事例の大半が、訪問営業などで工事とセットの契約を進めてくる業者によるものということです。

そのため、トラブルに巻き込まれないためには、「火災保険の申請」と「家の修理」は別で考えることが重要になります。

火災保険は「申請金額=認定額」とは限りません。
例)100万円申請しても、減額されて30万円の支払いetc

このように大きく減額された場合は、保険金で工事費用が足りません

不足分の追加費用が発生したり、キャンセルすると、高額な違約金を請求されるなどが主なトラブル事例です。

 

そのため、先に火災保険申請サポートなどを活用して、保険申請をして金額が確定してから、予算内で修理できる業者を探すことが、余計なトラブルに巻き込まれない方法です。

 

上記の具体的な手順や、火災保険申請サポートとリフォーム会社の違いなどは、下記の記事で詳しく解説しています。

火災保険の申請は専門業者を使うべき

火災保険の申請には、保険や建築などの専門知識が必要となります。

そのため、全てを自分だけで完結させるのは難しく、火災保険申請サポートの活用をおすすめします。

火災保険申請サポート3つのメリット

火災保険申請サポートを使うメリットについて解説していきます。

1:自分では気付かない被害が見つかる

多くの方が補償対象となる被害があっても気付かず、申請漏れの状態になっています。

特に屋根の上などは、普段なかなか確認することもないため、台風などの被害を受けているケースが非常に多いです。

火災保険は軽微な被害でも補償対象となることが多く、専門家に調査してもらうことで、自身では気付かない被害が見つかる可能性が高いです。

 

2:事故原因の特定や資料作成を任せられる

被害を見つけた場合、それがいつ、何が原因で起こったのかを証明する必要があります。

特に時間が経っている被害ほど証明が難しくなるため、事故原因の特定や面倒な資料作成などを任せられるのは大きなメリットと言えます。

 

3:否認・減額された時に対応してもらえる

保険申請しても、すんなり認められるとは限りません。

火災保険が対象となる被害は、事故日などがハッキリ特定できないものも多く、しっかりと根拠を持って申請を行う必要があります。

保険会社から否認されてしまうと、多くの方がその時点で諦めるしかないのが現状かと思います。

そのため、少しでも認定の確率を上げるためにも、専門家によるサポートが重要になります。

 

火災保険申請サポート2つのデメリット

火災保険申請サポートを使うデメリットについて解説していきます。

1:手数料がかかる

まず1つ目は、業者の手数料がかかるということです。

全て自分で申請した方が、結果的に受け取れる金額が多くなる可能性もあります。

しかし、ほとんどの業者が、手数料は成果報酬となっているため、保険金が下りないリスクを考えると、結果的にメリットの方が大きいと言えます。

 

2:業者選びを間違えるとトラブルになる

中には、モラルのない悪質な業者もいるため注意が必要です。

近年、台風・大雪・地震など大型の自然災害が増えたことで、多くの火災保険申請サポートを目にするようになりました。

それに伴い、業者と保険契約者とのトラブルが増えているのも事実です。

そのため、信頼できる業者選びが重要になります。

 

業者選びで特に注意すべき点を、9つのポイントにまとめていますので、下記の記事も併せてご参照ください。

まとめ:火災保険の代行業者は違法なのか?

今回は火災保険を使う場合に、違法になるケースや、トラブルに発展しやすい事例について解説しました。

ポイントまとめ

・「申請サポート」は全く問題ない
・「申請代行」は違法になる可能性がある
・「火災保険の申請」と「家の修理」は別で考えてトラブルを避ける

火災保険の申請をお考えの方へ参考になれば幸いです。

 

また弊社も、火災保険申請サポートを専門に行っております。

気になることがありましたらお気軽にご相談ください。

火災保険申請サポート
ならミエルモ

口コミ人気の。1

  • 給付金額 平均100万円以上※1
  • 調査実績 年間5,000件以上
  • 弁護士との業務協力で法令遵守

保険金がもらえなければ費用は一切かかりません

\全国対応/
無料調査のご相談はこちら

※1 築10年以上且つ民間保険会社の場合(当社2020年実績)