火災保険の点検商法に注意!悪質な業者の見分け方

近年、「家に不具合がないか無料で点検します」と言い寄る「点検商法」が増えています。

 

点検商法は「火災保険を利用すれば無料で修理工事ができる」と勧誘し、高額な工事代金や保険金の何割かを手数料・違約金として請求する手口の詐欺です。

 

被害件数は10年前に比べると約24倍にも増え、訪問による勧誘が全体の80%を占めています。相談者は高齢者が多く70歳以上が全体の半数を占めており、被害を受けても泣き寝入りする人も少なくありません。

 

今回は、点検商法の手口と実際のトラブル例、悪質な業者を見分けるポイントなどについて解説します。

 

 

この記事でわかること
・点検商法による被害事例
・悪質な業者を見分けるポイント

 

「無料で屋根点検」に注意

火災保険は、自然災害や事故による損害を補償する保険です。保険金は修理費用や家具などの再購入費用に充当できます。場合によってはそれらの費用よりも保険金の方が上回ることがあり、差額で得た保険金の使い道は自由です。

 

点検商法を働く悪徳業者は、このような火災保険のメリットを悪用し「お宅の家には不具合がある。このままでは取りかえしのつかないことになる」と言って不安を煽り「無料で点検できるので見せてほしい。損害が見つかれば火災保険で修理できるから自己負担はない。保険金の申請も代行する」と、言って安心させ契約を結びます。

 

しかし実際は、家に不具合はないのにあったかのように見せかけて適当に点検・修理をしたり、経年劣化など火災保険の対象外となる損害に対して工事をしたりし、保険金が受取れないことを分かっていながら、後に高額な請求をするのです。

 

また保険が適用となった場合でも、不当な工事代金や手数料、違約金を請求するケースもあります。

 

トラブル・被害事例

「無料で点検する」というのは詐欺の糸口であり、悪徳業者はその後さまざまな手口で火災保険を悪用し、お金を騙しとろうとします。具体的にどのような手口で「点検商法」が行われたことがあるのでしょうか。実際のトラブル事例を紹介します。

自己負担ゼロと言われて工事をしたのに、全額自己負担となった

修理代金をすべて火災保険金で賄えると言われて工事をしたのに、後日保険の対象外であったことを告げられ、結局全額自己負担になった

 

強引に契約され、高額なキャンセル料を請求された

「このままでは危ないので早く修理した方が良い」と煽られ、「契約書は後日持っていきます」と言われたが、怪しいのでキャンセルする旨を伝えると、契約書をもらっていないのに高額なキャンセル料を請求された

 

虚偽申請を提案された

「台風による損害として請求すれば保険金を受取れる」からと口裏を合わせて嘘の理由で保険金を請求をするよう提案された。

 

申し込んだとき手数料について説明がなかった

「保険金を利用して修理ができる」と言われ工事を申し込んだが、申し込み書をよく見たら「工事が困難となった場合は、30%の手数料を払う」と記載されていた。工事ができなかった場合の手数料の話は聞いていなかった。

 

クーリング・オフをしたが手数料を請求された

家の不具合を指摘され、工事と一緒に火災保険の申請もしてくれるとのことで契約したら、80万の保険金を受取った。しかしその後、手数料として保険金の35%を支払うよう言われたが、そのような説明は契約前に受けていない。クーリング・オフすると業者に伝えると「工が事はしていなくても手数料は払ってもらう」と言われた。

 

保険金が少ないため工事ができないといったら違約金を請求された

「歪んでいる雨樋を保険金で修理できる」と言われ、見積りをとったら50万だった。保険会社にも50万で申請したが、認定額は20万だった。不足分の30万をすぐに補うことができないため、今は工事を頼めないことを業者に伝えると「違約金として今すぐ保険金の30%を請求する」と言われた。

 

保険金が支払われたのに、修理工事を始めない

数年前の雪や雨で雨樋や物置が壊れており「火災保険を使って無料で修理ができる」と広告を出していた業者に問い合わせ、契約した。その際、保険金請求の手数料として「当社が工事をした場合は20%、他社が工事をした場合は40%を保険金から支払う」という誓約書に署名をした。

 

後日保険会社から約100万の保険金が支払われたが、一向に修理を始めない。このまま他社に工事をさせ40万の手数料だけを取ろうとしているのではないか。

 

悪質な業者の見分け方

火災保険を悪用して「点検商法」を働く業者に引っかからないようにするためには、業者が悪質かどうか、見分ける必要があります。ここでは、悪質な業者を見分けるポイントを説明します。

 

「申請を代行する」と謳う業者には要注意!

火災保険の申請は、他人が代理で行うことは認められておらず、原則として契約者本人が申請しなければ受け付けられません。よって「申請をすべて代行します」と謳う業者は、保険金を騙し取ろうとする可能性があるので注意が必要です。

 

保険金の申請を代行業者に依頼したことで保険会社が「保険金詐欺」だとみなした場合、保険金は当然支払われないばかりか、強制的に解約させられたり、保険会社から訴えられたりする可能性もあります。

 

また、以下4つの内容を謳う業者は信用してはいけません。

 

①修繕が必須である

火災保険の補償対象外となっても、工事が必須となると高額な自己負担が発生する可能性があります。契約者は保険金を受け取れず、高額な工事代金を支払わなければならなくなります。

 

②契約書がない

口約束だけで済ませようとしたり、「後日持ってくるから」と言う業者は、後に高額な違約金や覚えのない支払いを請求する可能性があります。

 

③実態がない

ホームページがない、もしくはあったとしても情報が極端に少ないなど実態を詳しく把握できない業者は、突然音信不通になる可能性があります。

 

④飛び込み営業・電話営業をしている

上の①~③の業者は、飛び込み営業・電話営業をしている場合が多いです。突然そのような連絡があった場合は注意が必要です。

 

自分で申請するのは難しい

火災保険の申請の大まかな流れは以下となります。

 

①保険会社に連絡し、申請に必要な書類を一式自宅に送ってもらう。

②工事の見積書と被害が分かる写真を用意する。

③保険会社による審査と鑑定人による調査を経て後日入金となる。

 

火災保険の申請手続きを個人で行うのは、「被害の特定」「根拠の証明」など、専門的な見解を要するので非常に難しいです。

そればかりではなく、被害の見落としがあると、時効を理由に本来受け取れたはずの保険金が受け取れなくなる可能性もあります。

 

活用するなら「申請サポート会社」

点検商法を働く悪徳業者に騙されず、正しい方法でスムーズに保険金を受け取るためには、申請サポート会社の利用をおすすめします。昨今の点検商法の横行に伴い、利用する人が増えてきています。

 

火災保険の申請サポートと工事を一体としている会社もありますが、工事を依頼しない場合は違約金を支払うと定めている会社や、不要な工事を勧め請求金額を上乗せする会社もあります。また、申請代行を謳う業者の中には、高額な違約金や手数料を請求する場合があります。

 

火災保険の申請サポート会社は、火災保険の申請から認定までのお手伝いをする会社です。専門的な立場から損害を調査し、申請に必要な書類を作成して、契約者がスムーズに保険金を受取れるようサポートします。調査費用は無料、完全成果報酬型としているところが多いので、安心して利用できます。

 

ミエルモは怪しい?

ミエルモは、調査実積5,000件以上、平均給付額100万円以上という業界最高水準を維持している火災保険の申請サポート会社です。

 

点検商法など火災保険の活用を謳った悪徳業者が増える中、ミエルモは弁護士と業務協力をして法令に則った業務を行っているため、安心してご利用いただけます。

 

火災保険をまだ使われたことがないという方は、ぜひお気軽にご相談ください。

全国で無料調査を行っております

軽微な被害も保険適応となるケースは多く、
約90%の方が保険料の払い損になっています。

まずはお気軽にご相談ください。