火災保険で外壁塗装ができる!?保険の利用条件や注意点を解説

「火災保険を使って外壁塗装をしたい」

 

火災保険は、台風などの自然災害で受けた損害の補償を受けることができますので、こういった相談は意外と多いです。

 

このコラムでは、火災保険を使って外壁塗装ができるのか?について解説していきます。

 

 

この記事でわかること
・火災保険を使って外壁塗装をする方法
・外壁塗装の必要性

 

火災保険で外壁塗装をする

火災保険は、火災だけでなく自然災害(台風や大雪など)による被害でも保険金を申請することができます。

 

そのため、ほとんどの火災保険は建物の屋根や外壁に対する被害は補償の対象となっています。

 

火災保険の適用条件や対象となる自然災害については後述で解説しますが、まずは外壁塗装の必要性から解説していきます。

 

外壁塗装の必要性

外壁塗装は、費用も非常に高額な工事です。

 

その為、「外観の見栄えがちょっと悪くなってるくらいだし」と生活に直接的な影響が出ていないことを理由に修繕を後回しにされがちです。

 

しかし、外壁塗装は建物を長く保つためにとても大切な修繕になります。

 

外壁塗装の一番の目的は「建物の防水」になります。

 

外壁塗装の劣化を放置することは建物の寿命を大きく縮める

新築のうちは、塗装も塗りたてですので防水効果も非常に高いです。

 

ですが、日々紫外線や風雨にさらされることにより、時間が経つにつれて建物の艶がなくなっていきます。

 

艶がなくなってくると、壁の防水効果も徐々に低下していきます。

 

防水効果が低下するということは、壁が湿気を含んだ状態になります。

 

濡れては乾くを繰り替えしますので、壁自体が歪んでしまったり、ヒビ割れてしまったりします。

 

このヒビは、放置しておくと少しずつ大きくなっていきますので、ここから建物内に水が侵入していきます。

 

建物に水が侵入してきても、はじめのうちは防水材や防水シートが室内への侵入を食い止めてくれます。

 

しかし、防水シートも永遠に防水してくれる訳ではありません。

 

年々劣化をしていきますし、水を含めば膨張していきますので隙間から更に建物の内側に水が侵入をしてしまいます。

 

防水シートの内側は、木造の建物であれば木になりますので、室内のカビにつながったり、最悪の場合は建物の基礎部分を腐らせてしまうことになります。

 

ですので、外壁の劣化を過度に放置することは、後々外壁塗装代を遥かに上回る修理費用が必要になる恐れがあります。

 

これが外壁塗装をしなければならない理由になります。

 

 

火災保険の適用条件

ここからは火災保険の適用条件について解説していきます。

 

火災保険で補償される自然災害について

外壁の被害に影響を与える可能性が高い自然災害は、風災、水災、雪災、雹災になります。

 

それぞれについて解説します。

風災とは

風災は、強風によって起こる災害のことを言います。

 

台風、突風、竜巻などが挙げられます。

 

特に、近年は強風を伴う大型の台風が毎年の様に日本列島を通過しています。

 

火災保険の適用条件としては、最大瞬間風速が20m/sの強風が3秒以上吹いた地域が申請の対象となります。

 

水災とは

水災は、洪水や土砂崩れが発生して被害を受けた時に補償を受けることができます。

 

ここで挙げている4つの自然災害(風災、水災、雪災、雹災)の中で、水災だけは火災保険の基本補償項目になっていません。

 

火災保険加入時に、水災の補償を別途つけておかねば補償を受けることができません。

 

洪水発生時も、床上浸水以上の被害を受けていないと適用されない為、ほとんどの方は加入をしていない補償項目になります。

 

雪災とは

雪災は、雪による被害のことを言います。

 

大雪が降ったことにより雪の重みで建物が歪んでしまったり、雪崩が発生して建物が倒壊してしまった時に補償を受けることができます。

 

注意点として、融雪による洪水が発生した場合は、雪災ではなく水災の補償項目になります。

 

雹災とは

雹災は、「ひょう」による被害のことを言います。

 

雹は、直径5mm以上の氷の粒のことを言い、大きなものであれば5cm以上になるものもあります。

 

直径5cmの氷と言えば、ご家庭の冷凍庫で作っている氷よりも大きなサイズになります。

 

このようなものが大量に降ってくれば、建物に被害が出ることは容易に想像がつきます。

 

自然災害がなくても補償を受けられる特約

火災保険の契約内容によっては、破損・汚損(不測かつ突発的な事故)が付帯されているものがあります。

 

破損・汚損が付帯されている場合、車をぶつけてしまった、いたずらで壊されたなど自然災害が発生していなくてもうっかり起こって偶発的な事故でも補償を受けることができます。

 

ご自身の保険証券をご確認いただき、こういった付帯がある場合は火災保険の申請できる幅が増えることになります。

事例もつけていますので、詳しくは下記の記事をご参照ください。

(事例写真付き)火災保険で破損汚損の請求例!災害がなくても使えます

 

火災保険の申請条件、認定条件

自然災害による損害の火災保険の適用条件は、自然災害による破損事故が発生してから「3年以内」に請求したものに関して補償を受けることができます。

 

しかし、日本は自然災害の多い国ですので、築年数がある程度経過している建物は経年劣化とは別に自然災害による被害が見つかることがほとんどです。

 

弊社は火災保険の申請サポートを専門としていますが、自然災害で高額認定の実績が多数ありますので、給付実績をご覧になっていただけたら幸いです。

→【平均193万円】の給付実績を確認する

 

火災保険で修理できないもの

上述の通り、自然災害の原因で損害を受けてしまった場合は火災保険の補償を受けることができます。

 

しかし、経年劣化で破損してしまった場合は火災保険を適用させることができません。

 

多くのケースは、築年数が経っていることを理由に経年劣化と自己判断しがちですが、本当のところは自然災害が原因なのか、経年劣化が原因なのか建物の素人が判別をつけるは容易ではありません。

 

建物の損害は無料で調査してくれる業者が多いので、火災保険が適用できそうか詳しい専門業者に調査をしてもらうことをおすすめします。

 

火災保険は掛け捨ての保険契約になっていることがほとんどですので、1回も使わないで契約満了になってしまうのは保険金の払い損になってしまいもったいないです。

 

弊社でも、ご相談や建物の調査は無料で行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

 

「リフォームしたい」では難しいが、、、

火災保険は、自然災害を主とした被害に対して補償されることを説明してきました。

 

なので、外壁塗装をしたい為に申請理由が「外壁のリフォームをしたい」では、保険金が認定される可能性は残念ながら低いです。

 

自然災害で破損した外壁を修理する際に、塗装も同時に工事する必要があるということであれば、補償の対象になる可能性はグッと高くなります。

 

 

外壁の目立った損害はない、だけど外壁塗装はやりたい…

ここで困るのは、自然災害で目立った外壁の損害がないが火災保険を使って外壁塗装をしたいという当初の目的が成立しないことです。

 

実は、火災保険で認定された保険金は使い道が指定されていません。

 

何に使っても自由なのです。

詳しくは下記の記事で解説しています。

火災保険の保険金の使い道は自由!?修理しなくても問題ないのか

 

しかし、火災保険を使って保険金を受け取るには様々な書類が必要になる為、個人ですべてを完結させることは困難で、建物に詳しい業者の協力が不可欠となります。

 

最初からリフォーム会社に火災保険の申請+工事をセットで依頼してしまうと、保険金で工事を事前に申請した見積り通りに工事をすることが前提となりますので、自分の思い通りに保険金を使えなくなってしまいます。

 

なので、外壁塗装をしたい場合には、火災保険の申請から認定までを助けてくれる火災保険のサポート業者を利用すれば、保険金の使い道は自由に選択することができます。

 

火災保険の申請で、保険金の使い道に選択肢を持たせたい場合は、火災保険の申請サポートを使えば可能となりますがどういうメリット、デメリットがあるかは下記の記事をご参照ください。

損をしない火災保険を申請する方法とコツを解説

 

火災保険の認定を得るには、損害箇所を自然災害が原因であるということを保険会社が認めてくれた場合に保険金を受け取ることができます。

 

保険金の使い道は自由ですが、すべて好き勝手に使ってしまうというのも、後々失敗につながる可能性があります。

火災保険の認定された保険金は、使い道に別の目的があったとしても損害のひどい箇所は最低限の補修をしておいた方が、あとで後悔しないことになります。

具体的な対策を下記の記事にまとめてありますのでご参考にしていただければ幸いです。

火災保険の保険金で家を直さないのはOK?NG?仕組みを解説します

 

以上のことを考慮して進めていただければ、火災保険を使って外壁塗装をすることが可能となります。

 

 

まとめ

火災保険は、自然災害で被害を受けた場合に損害箇所を補償してくれる保険であることを解説してきました。

 

外壁塗装をしたい場合は、自然災害で外壁にダメージを受けていると、修理と合わせて塗装が必要になることもありますので、塗装も合わせて請求することができます。

 

しかし、そうも都合よく外壁に損害が出ているとは限りません。

 

 

火災保険は、保険金を自由に使うことができます。

 

申請した修理見積り通りの工事をしなくても、保険契約、法律面どちらも問題になりません。

(稀に工事することが条件になっている保険もありますのでご注意を)

 

なので、火災保険の申請をして、その保険金で外壁塗装をすることはまったく問題にはなりません。

 

火災保険を申請して外壁塗装をご検討されている場合、弊社があなたの火災保険の申請から認定までをしっかりサポート致しますのでお気軽にご相談ください。

下記のフォームより、相談、建物の調査を無料で行っておりますので、ご連絡お待ちしております。

全国で無料調査を行っております

軽微な被害も保険適応となるケースは多く、
約90%の方が保険料の払い損になっています。

まずはお気軽にご相談ください。