火災保険の給付金はもらえる人が大多数!申請方法から注意点まで徹底解説

火災保険は、台風や大雪など自然災害や、室内の傷など、その他多くの被害が補償対象となります。

ですが、「保険が使えることを知らなかった」という方も多く、実は申請したら100万円以上の給付金がもらえるケースも珍しくありません。

 

そんな火災保険について、

「うちも火災保険に入ってるけど対象なのかな?」

「火災保険を使いたいけど、申請方法が分からない…」

「なんか火災保険を使うのって難しそう…」

このように思われている方も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな火災保険の給付金について詳しく解説していきます。

 

この記事でわかること
・火災保険の給付金とはなにか?
・給付金がもらえる条件と金額の目安
・火災保険の申請方法と注意点
・自分で申請するデメリット

 

目次

火災保険の給付金とは?

火災保険の給付金とは、自然災害などで被害に遭った際に、保険会社へ申請することで支払われる保険金のことです。

特に台風や大雪などの被害は、屋根の上など普段目につきにくい場所によく起こります。

そのため、実は申請対象となる被害があるにも関わらず、気付かず申請漏れの状態になっている方が非常に多くおられます。

火災保険の給付金は本当にもらえる?対象条件は?

結論からお伝えすると、火災保険の給付金は、非常に多くの方がもらえる可能性があります。

具体的に給付金をもらえる条件は、主に下記の2点となります。

  1. 自然災害などの補償が付いている

    (ほとんどの火災保険に付帯)

  2. 対象となる被害を受けている

    (本人が気付いてない被害が多数)

それぞれ詳しく解説していきます。

1:自然災害などの補償が付いている

ほとんどの火災保険には、最初から「風災」「雪災」など自然災害による補償が付いています。

火災保険の支払い件数は、火災よりも「風災」「雪災」など、自然災害による被害が圧倒的に多いのです。

 

下記は、火災保険の事故別の支払い件数ランキングです。

火災保険 事故件数ランキング

事故種別

事故件数

水災・風災・雪災など

21,025

漏水などによる水濡れ

4,057

不測かつ突発的な事故

(汚損・破損など)

2,864

落雷

2,810

建物外部からの物体の落下・飛来・衝突など

1,719

盗難による盗取・損傷・汚損

1,583

火災

926

ランキングには地震保険の保険金支払実績は含まれません。

出典:損保ジャパン 平成24年度個人用火災総合保険 保険金支払実績

 

破損・汚損(突発的な事故)地震保険など、任意の補償にも加入されていれば、より対象となる可能性は高いと言えるでしょう。

2:対象となる被害を受けている

被害の有無については、物件によって全く異なります。

しかし、日本は毎年のように台風が発生したり、実は気付いてないだけで、非常に多くの家が風災などの被害を受けています

また、ニュースなどの影響で、台風で屋根が吹き飛ぶようなイメージをお持ちかもしれませんが、思っているよりも軽微な被害から保証対象となるケースが多いのです。

 

経年劣化によるものは認められないため、あくまで自然災害や事故などで突発的に起こった被害が補償対象となります。

しかし、経年劣化か自然災害かの見分けは非常に難しく、ご自身の判断で諦めず一度専門家に調査をしてもらうといいでしょう。

特に築10年以上経っている建物は、何度も台風や大雪の影響を受けて、屋根の上などの見えにくい部分に被害が起こっている可能性が高いです。

火災保険の給付金額の目安

民間保険と共済で、それぞれ給付金額の目安をご説明していきます。

補償内容や被害状況などによって大きく変わるため、あくまで参考程度にお考えください。

民間保険の場合

民間保険の場合、補償内容や特約を任意で選べるものが多いため、人によって給付金額は大きく差が生じます。

おおよそ、下記のような金額の幅になることが多いです。

戸建て:50〜150万円

アパート・マンション:70〜200万円

共済の場合

共済の場合、補償される範囲が狭かったり、上限金額が低く設定されていることが多いです。

そのため、民間保険に比べて、どうしても給付金額が低くなる傾向にあります。

戸建て:30〜60万円

アパート・マンション:40〜60万円

※共済は60万円程度が上限のことが多いです。

(自然災害の場合)

火災保険の給付金額はどうやって決まる?

どういう基準で給付金額が決まるのかは、主に下記の3項目で判断されます。

  1. 保険の契約内容(補償内容)
  2. 建物の種類や被害状況
  3. サポート業者のスキル

それぞれ解説していきます。

1:保険の契約内容(補償内容)

まず重要になるのが火災保険の補償内容です。

主に下記のような違いで、給付金額に大きな差が生まれます。

  • 自然災害の補償(風災・雪災など)
  • その他の任意の補償(破損・地震など)
  • 特約の付帯(臨時費用など)
  • 免責金額(自己負担額)

同じ被害に遭った場合でも、補償内容によって減額されたり、そもそも申請できない可能性もあります。

 

火災保険は特に活用機会の多い保険です。

そのため、保険料よりも補償内容を重視して選ぶことが重要になります。

2:建物の種類や被害状況

当然ですが、被害が大きい方が修理費用がかかるため、給付金額は高くなりやすいです。

また、同程度の被害であっても、建物の大きさや被害箇所によっても給付金額は変わります。


屋根や雨樋など、高所部分に被害がある場合の方が、給付金額が高くなる傾向
(足場代などが余計にかかるため)

3:サポート業者のスキル

火災保険を申請する際は、基本的にリフォーム会社火災保険申請サポートなど、業者に依頼する必要があります。

その業者のスキルによっても、給付金額は変わる可能性が高く、下記のような部分は大きな差があります。

  • 業者がしっかり被害を見つけてくれるか
  • 補償内容を理解してサポートしてくれるか

これらを見分けるためにも、火災保険申請について本当に理解のある業者に依頼することが重要です。

火災保険の給付金を申請してデメリットはあるのか?

給付金を申請をすることに特段デメリットはありません

被害が見つかれば、躊躇せず積極的に活用するようにしましょう。

 

具体的な理由については下記の記事で解説しております。

併せてご参照いただけますと幸いです。

火災保険の給付金に税金はかかる?確定申告は必要?

受け取った給付金に対する税金は下記のようになります。

個人と法人で異なるため、ご自身がどちらかで把握しておきましょう。

個人の場合→非課税(確定申告は不要)

法人の場合→課税対象(確定申告が必要)

特に個人の場合は、確定申告なども不要のため、受け取った給付金の使い道は自由です。

火災保険の給付金はいつ支払われる?

申請してから給付金を受け取れるまでの時間は、平均的に1ヶ月程度かかることが多いです。

しかし、保険会社が混み合ってる場合や、現地確認が必要になった場合などは、最長3ヶ月程度かかることもあります。

火災保険の申請方法|手順と流れを解説

まずは基本的な保険申請の手順と流れを解説していきます。

手順1:保険会社へ事故連絡をする

まず何か被害に遭った場合は、保険会社や代理店へ事故受付を行います。(連絡先は保険証券などに記載)

この時に担当者から「事故日」「事故状況」などについて、簡単にヒアリングがあるので回答します。

 

その後、保険会社から「保険金請求書」「事故内容報告書」2種類の書類が送られてきます。

手順2:工事見積書・被害写真などを用意

次に保険会社へ提出する下記2点を用意します。

リフォーム会社や火災保険申請サポートなど、専門業者に依頼するのが一般的です。

  • 修理見積書
  • 物件と被害箇所の写真

手順3:保険会社へ必要書類の提出

保険金請求書事故内容報告書(手順1を記載して、その他の書類(手順2)と合わせて保険会社へ提出します。

火災保険申請サポートに頼んだ場合は、事故内容報告書については、業者に別途作成してもらえます。

手順4:保険会社による審査

提出した書類を基に保険会社による審査が行われます。

書類だけで判断できなかった場合は、鑑定人による現地調査が必要な場合があります。

手順5:結果の通知

保険会社から審査結果が通知されます。

問題なく認められた場合は、1週間程度で指定の口座に保険金が振り込まれます

 

減額や否認されてしまった場合には、諦めて承諾されるか、納得いかない場合は追加書類を提出するなど対応が必要となります。

火災保険申請の必要書類

契約者が自分で用意する書類

書類

内容

保険金請求書

基本的な情報を記載する用紙

・氏名、住所、連絡先

・申請する火災保険の証券番号

・保険金の支払い口座情報

など

事故内容報告書

被害状況などを記載する用紙

・事故日、事故状況

・修理費用

・事故状況の図面

など

火災保険申請サポートの場合は別途作成してもらえる

具体的な書類の書き方は、後ほど画像と一緒に解説します。

業者に用意してもらう書類

書類

内容

工事の見積書

・修理の内容と費用

(材料、工賃、人件費など)

物件と被害状況の写真

・対象となる物件と被害箇所の写真

(災害などで損害の出ている箇所)

火災保険申請の必要書類の書き方

契約者が用意する「保険金請求書」「事故内容報告書」2種類の書類の書き方を解説していきます。

保険金請求書(保険金申請書)の書き方

「保険金請求書」とは、契約者の基本的な情報を記入する書類です。

主に下記①〜④の記載が必要になります。

保険金請求書(保険金申請書)の書面

①保険金を請求される方(被保険者)

火災保険の契約者の「氏名」「住所」「連絡先」を記入します。

氏名の横に押印するのを忘れないように注意しましょう。

 

②請求される保険

請求される火災保険の証券番号を記入します。

複数加入している場合は、全ての証券番号を記載します。

証券番号が不明の場合は、保険会社へ問い合わせれば対応してもらえます。

 

③他社ご契約内容

他の保険会社でも、火災保険を契約をしている場合は記入します。

火災保険は複数加入していても、実際の損害額を上限にしか保険金が支払われません

そのような場合には、それぞれの保険会社から按分された金額が支払われます。

 

④保険金支払先

保険会社が保険金を振り込む口座情報を記入します。

「口座番号は右詰めで記入」など、細かい指示に関しては、各保険金請求書をご確認ください。

 

事故内容報告書の書き方

「事故内容報告書」とは、被害状況を説明する書類です。

主に下記①〜③の記載が必要になります。

事故内容報告書の書面

①事故の内容を記入する

被害が発生した時の状況を、できるだけ詳細に記入しましょう。

できれば、根拠なども踏まえて説明した方が望ましいです。入り切らない場合は別紙になっても問題ありません。

 

自分で根拠の説明が難しい方は、初めから災保険申請サポートへ依頼するがお勧めです。

申請のプロが、被害写真や状況説明などの書類を作成してくれるので、簡単に申請することができます。

 

②被害箇所と修理費用

被害箇所修理費用を簡単に記入しましょう。

修理費用は業者に見積書を作成してもらい、同じ金額を記入すれば問題ありません。

 

③事故状況の平面図

上記の例を参考に簡単に被害の平面図を記入します。

被害箇所は色を変えたり、方角の記載があると分かりやすくなります。

損をしないために!火災保険申請2つの注意点

火災保険を申請をする時は、下記のような点に注意しましょう。

  • 被害に遭ったらすぐに申請する
  • 鑑定人の否定的な言葉に納得しない 

それぞれについて詳しく解説していきます。

被害に遭ったらすぐに申請する

まず最も重要なのが、被害に遭ったらすぐに申請するということです。

「忙しい」「面倒くさい」などの理由で、申請を先延ばしにされる方もおられます。

しかし、被害から時間が経つほど、経年劣化との区別がつきにくくなるため、認められにくくなってしまいます。

鑑定人の否定的な言葉に納得しない

保険申請後に、保険会社から依頼された鑑定人が、現地確認に来ることがあります。

その際に、「かなり経年劣化してますね」などと、否定的な意見を言われても、安易に同意してはいけません

全て聴取を取られているため、経年劣化を認めたと判断されてしまう可能性があります。

 

仮に多少の経年劣化があったとしても、最終的な原因が自然災害などで突発的に起こった事故であれば補償対象となります。

鑑定人という肩書に惑わされず、しっかりと理屈を主張することで、結果が変わる可能性も十分に考えられます。

火災保険を申請して減額された時の対処方法

減額や否認されてしまった時の対処方法を3つまとめました。

それぞれについて詳しく解説していきます。

1:追加書類を提出する

まず第一に考えられるのは、追加書類を提出するということです。

よく再鑑定の依頼をアドバイスする業者もいるようですが、余計に時間がかかるだけであまり意味がありません。

基本的に鑑定人が変わっただけで、結果が変わるというのは考えにくく、結果を変えるには技術的な理屈を説明する以外にありません。

2:お客様センターに相談する

保険会社も担当者によって対応に差があるケースも多く、たらい回しにされたり、きちんと話を聞いてくれない場合があります。

そのような場合には、事故受付の窓口ではなく、お客様センターに相談するのがいいでしょう。

大手損保であれば、基本的に事故受付とは別の窓口があり、そちらに相談することで担当者を変えてもらえたり、円滑に対応してくれる場合があります。

3:そんぽADRセンターに相談する

保険会社の審査結果に、どうしても納得がいかないという場合には、そんぽADRセンターに相談することも考えましょう。

こちらでは、損害保険会社とのトラブルが解決しないという場合には、問題解決に向けて支援してもらうことができます。

自分で(個人)火災保険を申請するのは難しい?

火災保険の申請は、専門知識が必要な部分も多く、全てを自分で行うのは非常に大変です。

実際に弊社には、毎日のように下記のようなご相談があります。

  • 自分で申請したけど経年劣化と言われた
  • 理屈を証明してほしいと言われて自分では難しい
  • 代理店に申請の連絡をしたら急に対応が悪くなった

当然ですが、保険会社は慈善事業ではなく、営利目的で運営されています。

そのため、給付金を申請されると利益を圧迫するため、快く思っていないのが本音でしょう。

 

具体的に、自分で申請するのが「難しい理由」「デメリット」について解説していきます。

事故日や事故原因を証明する必要がある

火災保険の査定は、多くが保険会社から委託された「鑑定人」よって行われます。

この査定によって、結果がほぼ決まる訳ですが、鑑定人は保険会社と加入者どちらの味方なのでしょうか?

 

鑑定人は保険会社が報酬を払って調査を行っています。

そのため、鑑定人にとってのお客様は、加入者ではなく保険会社となる訳です。

この状況で、鑑定人が中立な立場であると考えるのは不自然です。

 

実際に「経年劣化してますね」などと、否定的なことを言われるのは珍しくないため、そのことを前提に準備をしておく方がいいでしょう。

単純に「台風被害です」「経年劣化ではありません」だけでは、状況的に余程の信憑性がない限り聞き入れてもらえません

 

加入者は自分で鑑定人に対して、下記のような内容を理屈で説明する必要があります。

  • なぜこの事故日なのか
  • なぜ事故原因が◯◯(風災など)なのか

大多数の加入者が、このような根拠の説明などできるのでしょうか?

つまり、火災保険の申請は、多くの場合で加入者側が非常に不利な状況にあると言えるでしょう。

工事とセットの契約になる

「自分で申請=リフォーム会社へ依頼」ということになると思います。

その場合、基本的に工事契約が前提となるため、下記のようなデメリットが考えられます。

  • 給付金は全額工事に使われる(使い道が選べない)
  • 給付金が下りない時に追加費用や違約金がかかる

それぞれについて解説していきます。

 

給付金は全額工事に使われる(使い道が選べない)

本来、受け取った給付金の使い道は自由です。

必ず修理やリフォームに使う必要はなく、下記のように選ぶことができます。

  • 貯金する
  • 趣味などに使う
  • 一部だけ修理に使う
    など

しかし、リフォーム会社へ依頼した場合は、基本的に工事契約がセットになっています。

そのため、給付金は全額工事に使われるため、上記のように自分で使い道を選ぶことはできません

 

特に保険工事というのは、通常より高い見積もりを提示されることもあるため注意が必要です。

 

給付金が下りない時に追加費用や違約金がかかる

火災保険は「申請金額=認定金額」とは限りません
例)100万円申請しても、減額されて30万円の支払いetc

つまり、工事とセットの契約の場合、想定していた給付金が認められなかった場合に、追加費用が発生する可能性があります。

また、キャンセルすると、高額な違約金を請求されるなどのトラブルも起こっています。

火災保険の申請と工事は別で考える

上記のような問題やトラブルを避けるためにも、「給付金の申請と建物の工事は別で考える」ということがお勧めです。

まずは、火災保険申請サポートなどを活用して、給付金が認定されることを優先した方がいいでしょう。

 

そこで確定した給付金額を予算として、工事業者を探す方が、余計なトラブルを避けることにも繋がります。

もちろん、急いで工事しないという方であれば、給付金の使い道を自由に選ぶことができるメリットもあります。

 

具体的な流れについては、下記の記事で解説しておりますので併せてご参照ください。

火災保険申請の詐欺(違法)業者に注意

上記の通り、給付金の申請には火災保険申請サポートの活用がお勧めです。

しかし中には、虚偽の申告をしたり、嘘の実績で集客している悪質な業者も増えています。

そのような業者は、下記のような特徴があるため注意が必要です。

  • 手数料が高すぎる(40%以上)
  • HPがない(情報が極端に少ない)
  • 訪問営業やテレアポをしている業者
  • 工事契約がセットの業者

それ以外にも、火災保険の申請は業者によってスキルに大きく差があるため、どこを選ぶか見極めが必要です。

信頼性と実績のある業者へ頼むようにしましょう。

 

下記の記事では、火災保険申請サポートの手数料相場から、選び方まで詳細に解説しております。

ぜひ、併せてご参照いただけますと幸いです。

よくある火災保険の申請事例を紹介

火災保険でよくある被害の申請事例をご紹介していきます。

敢えて分かりやすい写真を選んでいますが、実際にはもっと軽微な被害でも対象となることが多いです。

被害の大小よりも、事故原因や突発的に起こった被害なのかが重要になります。

風災(台風)による申請事例

風災は火災保険の申請件数の中で最も多い被害です。

台風などの影響で、普段目につきにくい部分に被害が起こりやすいです。

 

風災による屋根材の浮き・割れ

①風災による屋根の浮き

①上記アップ

②飛来物による屋根の割れ

 

風災による棟板金の浮き・雨漏り

風災による棟板金の浮き

上記、棟板金が浮いたことによって雨漏りが発生

 

風災による軒天の破損

風災による軒天の外れ

上記アップ

 

風災によるカーポートの破損

風災によるカーポートの破損

上記アップ

 

雪災による申請事例

雪災も申請件数が非常に多い被害です。

特に雨樋などに被害が出ることが多く、雪の多い地域だけでなく、関東や九州などでもよく見られます

 

雪災による雨樋の破損

雪の重みによって雨樋が外側に開いている

 

氷柱の落下による庇の破損

外部からの衝突による申請事例

火災保険は風災や雪災などの自然災害だけの補償ではありません

補償内容にもよりますが、自分や家族の不注意で破損したものや、第三者による突発的に起こった事故なども対象となります。

 

車両衝突による竪樋の破損

 

車両衝突によるフェンスの破損

 

水切り板金の破損

上記アップ

汚損破損による申請事例

こちらも、上記のように自分や家族の不注意で壊してしまったり、突発的に起こった事故が対象となります。

主に室内の被害などで申請するケースが多いです。

 

室内や家具の破損

①子供がボールをぶつけてドアが破損

①上記アップ

②家具の移動中にぶつけてクロスの破損

③パソコンを落下させて破損

水漏れによる申請事例

給排水設備の不良による、水濡れ被害も補償対象となります。

 

ベランダのオーバーフローによる室内漏水

排水口にゴミや落ち葉などが詰まってオーバーフロー

上記オーバーフローによるベランダ漏水

 

洗面台の排水管の破損による水濡れ

上記、給排水設備の破損によるフローリングの水濡れ

その他の火災保険の申請事例を紹介

他にも数多くの申請事例をご紹介しておりますので、よろしければ下記のページもご参照ください。

火災保険の給付実績の一覧はこちら

まとめ:

今回は、火災保険の給付金について詳しく解説しました。

ポイントまとめ

・築10年以上の大多数が給付金がもらえる

・個人だと、根拠の証明が難しく、手間もかかる

・火災保険申請サポートなら面倒な作業はお任せ

・「火災保険の申請」と「建物の修理」は別で考えてトラブルを避ける

火災保険は非常に多くの被害が補償対象となります。

ですが、詳しい補償内容を知らずに、まだまだ多くの方が申請漏れの状態となっています。

 

特に築10年以上であれば、大多数の物件で何らかの被害が見つかっており、100万円以上の給付金がもらえるケースも珍しくありません。

そのため、まだ火災保険を使ったことがないという方は、ぜひ一度、専門業者へ調査を依頼されることをお勧めします。

 

弊社も、火災保険申請サポートを専門に行っております。

気になることがありましたらお気軽にご相談ください。

火災保険申請サポート
ならミエルモ

口コミ人気の。1

  • 給付金額 平均100万円以上※1
  • 調査実績 年間5,000件以上
  • 弁護士との業務協力で法令遵守

保険金がもらえなければ費用は一切かかりません

\全国対応/
無料調査のご相談はこちら

※1 築10年以上且つ民間保険会社の場合(当社2020年実績)